powerd by 楽市360

申請書の書き方について 

出産育児一時金の申請書の書き方については、

赤ちゃんのお名前を書く欄が必ずありますので、赤ちゃんのお名前は出産まじかまでには、きちんと考えて決めておきます。

お名前が決まってないと申請書が受理されないですよ。

用紙に書いてある、「分娩者」とは赤ちゃんを出産したママ(妻)の名前です。

出生児には、赤ちゃんの名前です。大きく見えやすいように漢字など間違えないように記入して下さい。

事前にメモして持っていくと良いかと思います。

また万が一、世帯主以外の口座に振り込む場合は、受領の委任が必要となり世帯主との続柄、氏名を書きます。

必要なものは

@印鑑
A健康保険証
B母子健康手帳
C世帯主の口座番号がわかるもの(世帯主以外の口座に振り込む場合はその方の)

以上を持参します。

役所で書類に記入します申請しておおよそ3週間〜1カ月後に指定口座に振り込まれます。

うっかり忘れてしまった!といった方でも、生まれて2年以内ならもらえるようですよ。

出生届は里帰り先の市区町村でも出せますが、一時金はどこにいても健康保険証の「保険者または健康保険組合または発行機関」へ請求します。

里帰り前に書類を入手し出産後、病院の出産証明をもらって郵送で申請をする方法があります。

早めに書類を用意しておくと安心ですよ。

健康保険被保険者(家族)出産育児一時金請求書ですが記入事項に対する医師や助産師の証明が必要です。

妊娠中に書類を受け取り、入院中に書いてもらって、産後に会社の担当窓口に郵送もできるようです。

夫婦ともに対象の場合は給付金額の高いほうを選んで下さいね。