powerd by 楽市360

出産の医療費控除について

医療費控除とは、

医療費がたくさんかかった年に、税金の一部を戻してくれる制度です。確定申告をすることで医療費が控除され、その分の税金が還付されます。

出産で医療費が多い年は、税金が還付される可能性が大きいです。
夫婦とも収入がある場合は、どちらかにまとめて還付申告します。
もちろん税率の高い方が申告して下さいね。

還付申告をする事で翌年の住民税が下がる可能性があります。

1年間の家族全員の医療費や医療関係の支出の合計額が10万円を超えた家庭の方がもらえます。

ただし、その合計額から出産育児一時金でもらったお金は差し引いての計算となるようです。

還付できるだけの所得税を支払っていることも条件。 申告する際に領収書が必要です。

病院での領収書や薬代のレシートなどは、捨てずに保管しておきましょう。

交通費などはメモに残しておくとよいですね。 出産時のタクシー代がかかった場合はレシートをもらいましょう。

手続きの期限ですが出産した年の翌年の確定申告の期間毎年2月中旬〜3月中旬です。

医療費控除の還付申告は1月から可能となります。
住民票のある地域の最寄りの税務署です。郵送も可能です。
会社員や公務員は、勤務先から源泉徴収票をもらいます。

そして確定申告用紙をもらいましょう。毎年1月中旬以降に税務署で配布されます。

インターネットが使用できてカラープリンターがあれば、国税庁のホームページからプリントできるサービスを利用して下さい。

前年1年間の医療費を集計し、申告用紙に記入します。

医療費の領収書や源泉徴収票などの書類をつけて、税務署に申告します。

なかなか難しいので不明な点がある場合は、税務署の相談窓口で相談してから提出した方が安心です。

特に問題がなければ、申告後1〜2か月ぐらいで指定口座に振り込まれます。

振り込み日は、事前にハガキで通知してくれます。

医療費として認められるものには以下の例があるようです。

・妊娠中の定期健診代
・分娩費
・入院費
・診療費
・治療費
・通院時の交通費
・出産時のタクシー代
・治療に必要な医薬品代
・薬局で購入した薬