powerd by 楽市360

出産育児一時金 請求書カテゴリの記事一覧

育児金の申請方法と請求書など

出産育児一時金とは、出産費用は原則的には保険適用がないことから、その出産費用を補うというのが出産育児一時金です。

被保険者や被扶養者が出産をしたとき、1児ごとに一定額が出産育児一時金として支給されるようです。

また死産や切迫流産の場合であっても、妊娠月数4か月(85日)以上の場合は出産育児一時金が支給されます。
 
これを出産育児一時金といいます。給付される金額は、国民健康保険の被保険者は、出産時に申請すれば、出産一時金35万円です。

組合健康保険の場合は所属の健康保険組合にお問い合わせください。国民健康保険の場合は、地域によって違っていますので、
お住まいの市区町村の役所窓口まで必ずご確認ください。

組合や地域などによっては、金額が更に加算となるところもあるそうです。

胎児数分だけ支給されます。つまり双子の場合は2倍、三つ子の場合は3倍の給付されるのです。

出産育児一時金を請求できるのは、出産後となりますので退院時の支払いには間に合わいませんが、

出産用の資金として先に使いたい場合は出産費貸付制度を利用する方法もありますので出産費用に関してお悩みの方は市区町村の役所窓口まで必ずお問い合わせください。

妊娠・出産などで会社を退職し、夫の扶養に入る場合、会社を辞めて健康保険を脱退しても、脱退後6か月以内の出産に限り、以前の健康保険から出産育児一時金が支給されるそうです。

これから出産を考える人は、今の健康保険と、脱退後に入る夫側の健康保険との制度を比べてみる事をお勧めします。

出産育児一時金やその付加給付金が多い方を選べるように、退職日を上手に選ぶということも大切です。

予定日を過ぎてしまうなど、脱退後6か月を経過した場合は前の健康保険は選べなくなってしまいますよ!

退職日は多少余裕を持って決めるとよいですね。